Zmatarのディスプレイ室

Zmatarさんが思いついた「何か」をまとめる場所。日記としてや、新作のイラストや折り紙作品の紹介、あとツイッターで書ききれない内容の文章を書いたりする予定です。不定期更新なので読者になる意味は皆無だぞ!

ビルドの振り返りとジオウへの期待

ジオウ最高かよ!

 いきなり見出し使ってなんじゃ!って話なんですけどwww

 いや遂に始まりましたね平成最後の仮面ライダー。「仮面ライダージオウ」年号としては30年間、ライダーシリーズとしては20年間続いた平成が遂に終わってしまいますよ。その歴史に終止符を打つ作品として始まった今回のジオウ。早速今日第1話を見たんですが、もう期待しかない!そこで今回、実は先週書こうとしてたビルドの振り返りも兼ねて今後のジオウについての予想と期待を書いていこうと思います

 

 

ビルドの公式

ビルドってどんな作品だったか

 まず「仮面ライダービルド」を私なりに公式にすると、

         破壊×創造+雑さ=最っ高だな!

                                                  なんですよね。

  「雑さが最高ってどういう事だよいい加減にしろ!」って思うビルド過激派の為に説明すると、ビルドが破壊と創造を一貫したテーマとして取り上げていたことは記憶にも新しい筈です。エボルトが周囲の人の人生を「破壊」していき、自分の野望を果たさんとす。そして、仮面ライダービルド ──桐生戦兎──が、仲間達との絆を胸に新世界を「創造」する。こうして物語が進んでいきました。そんな中に私はビルドらしい「雑さ」を見出しました。後に最終回に繋がることとなったあらすじ紹介やカオスな茶番、そして商品展開。あらゆる所に「雑さ」を感じられた。普通どんなことにも雑さが入ると良くないと思われているが、ビルドの場合、その「雑さ」がいいスパイスとなって物語を盛り上げていった訳です。雑なところがあることでシリアルな中にも何処か面白さを感じれる作品になれたのかなと、私は思っています。ほんと、ビルドスタッフはすごい!(ゴールドスコーピオン出さなかったことは絶対に許せねぇが)

新世界の創造

                    ※最終回及び劇場版ネタバレあり!注意して!

 ビルドの第45話から映画の間で明かされた世界を救う切り札、それは誰だったと思う?!

           

 

 

 

           

 

 

     f:id:tasyuminohito:20180902121408j:image

 万丈と戦兎、この2人の力こそがエボルトの野望を阻止し、新世界を創造する最大のキーパーソンだったのだ。この2人の力が合わさる時、全てを超越するとこになる。そうして出たのがあのクローズビルドラビットドラゴンであった。思えば、戦兎と万丈ってぶつかり合う時もあったけれども、結局はいつも互いに協力しあって戦ってきたんですよね。この2人で新世界を “BUILD”していったお話だったんだなと、今、思っています。

“Are you ready?” 「ダメです!(><)」「変身!

は、ほんとに忘れられんwwwwww

 

さて、ビルドのまとめはそこそこにして本題に移りましょう

平成最終作へ

第1話感想

 いきなりライダーバトル始まったわwww

まず皆さんが気にしたのはそこでしょう。初めからライダーバトルが始まるストーリーは少数なのでまずインパクトはありましたね。主人公の常磐ソウゴくんの将来の夢は王になると聞いて、個人的にポプテピピックを思い出してしまいましたw(ソウゴくんはその夢を貫いてるという点で異なっている)

f:id:tasyuminohito:20180902121457j:image

  そんなソウゴの前に現れた謎の男「ウォズ」。彼はソウゴに意味深な一言を告げ、一旦はその場を去った。ソウゴはウォズの言葉の中にあった赤いロボットに遭遇。命を狙われる。そこを2068年から来た未来人「ツクヨミ」に助けられ、難を逃れる。その後、ツクヨミに自分が将来魔王になると言われ自分の将来に迷いが生じる。しかし、ビルドの世界で生まれたアナザービルドを前に迷いが無くなり、仮面ライダージオウに変身する。ウォズはジオウの生誕を祝い、ツクヨミや先の赤いロボットの操縦士であり、仮面ライダーゲイツの変身者である「明光院ゲイツ」は今後を危惧する。ジオウがアナザービルドを倒したあと、早速ゲイツはジオウを倒さんと仮面ライダーゲイツに変身した。

 こうして仮面ライダージオウは始まったのだ。

 いやほんと1話から壮絶なストーリーでしたよね!先週終了したばかりのビルドの世界に早速行ったり、主人公が未来の悪?であったりと、と伏線や面白要素を沢山見せてくれました。このストーリーには期待しかない!これから1年間楽しみだなと思える第1話でした。

ジオウへの期待

 ジオウと言えば早速5,6話で555の乾巧や草加雅人がオリキャスで登場という情報が出ました。これは素晴らしいことですよ。だってオリキャスですよ。当時からのファンだった皆さんはいま楽しみで仕方がないでしょう。と、ここで私からのお願い。

過去のキャラを出すならオリキャスで、それが無理ならいっそ出すな。

 はい。ジオウに過去のキャラが出ることは大変素晴らしいことですよ。しかし、出るとしてもオリキャスでなかったら当時のファンからしたら残念でならないと思います。(ディケイドとかね)だったらむしろ出さなくていいと思います。オリキャスだから事その良さが際立つのであって、ただ出るだけではダメなんです。なので、過去の主人公がオリキャスで登場しないなんてならないように、東映さん!そして当時のオリジナルキャストの皆様!よろしくお願いします!あと、財団Xとの決着も何とか付けて欲しい。

要約

 ジオウ楽しみって訳です。はい。もうまじでこれからが期待。今後最っ高のストーリーを描いて、平成ライダーの歴史を締めくくって欲しいと願っています。

 

 

地震について改めて考えるべき

大阪で直下型地震が発生した訳だが

 さて、今日の朝大阪で直下型地震が発生し、今日本中がその事でいっぱいになってしまった。被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。さらに以前から千葉県でも地震が多発するようになり、もう大災害は夢物語とは言いきれなくなってきたと感じてる人も多いと思います。実際災害というものはいつどこでどんな規模のものが起こるか分からないものなのですから、今回のよりももっとヤベーイものが起こるかもと警戒はすべきです。今回は私の経験を交えて今後どうすべきか私自身の意見を書きたいと思います。

 

 

突如開かれた絶望への門

私の経験した3.11

 私がまだベリアル陛下に仕えてなく、普通に仙南の小学校に通っていた頃でした。突如としてそれは起りました。そう、

東北地方太平洋沖地震

です。通称「東日本大震災」。

 あの日我々宮城県民は絶望のどん底に叩き落とされました。人々が汚れに洗剤を垂らしたかのように消えていった。幸い、私のいた仙南の方(海沿いは除く)は、犠牲者の知らせも無く、停電や断水も、一・二ヶ月程で復旧しました。しかし沿岸部等は、7年経った今も、仮設住宅が並ぶ殺風景な光景が広がってるだけです。そのため私自身も子供ながらその事実を深く肝に銘じ、臥薪嘗胆、復興のために力を注ぐことを誓いました。

我々の犯した「油断」と言う罪

 実は、東日本大震災の前にもまM7以上の地震が数回発生していました。しかし、我々宮城県民はその度にこれ以上はないとそれらを侮ってしまいました。そう、それこそが我々にとっての最大の罪であるのです。私たちは、次に備えるという考えを「油断」という気持ちにより忘れてしまったのです。そのため、東日本大震災当日とそれ以降の避難生活において大きな支障が生じたのです。

 

経験を踏まえた上での私の考え

結局自然には勝てないのよ

 まずひとつ言えることは、

人間は所詮自然相手には無力

と言うことです。これまで幾度となく積み重ねてきた災害対策も、すべて通用しませんでしたからね。所詮防波堤なんぞ津波は簡単に乗り越えてしまうのです。耐震性のビルも直下型地震への耐性はプレート型よりも低いのです。だからこそ留意しておくべきことは、

100%の安全なんてこの世にはない

です。山だったら土砂崩れ、海沿いなら大津波、平野部でも地割れが起こるので、どこにいようが危険が隠れているのです。常に警戒心を忘れず、どういう時にはどう行動すべきかを考えていかねばならんのです。あとは手持ちにいざと言う時に使えるグッズを入れておくことも重要なポイントでしょう。

多分次もあると思うんだ

 いきなり怖いこと書いてごめんなさい。しかし、傾向的には、大阪のも千葉のも次に大きな地震が起こる可能性は低いとは言いきれません。それに私がそのようなパターンを経験してきたので、油断は禁物と皆さんに伝えたいのです。じゃあどうしろと?前述の通り常に辺りを警戒し、今の今のうちに備えを固めていくしかないのです。我々人間が真っ向から災害に挑むことは不可能なのですから。

 

終わりに

 突如発生した大阪での直下型地震。連日のように続く千葉県での地震。どちらも今後に警戒をしていく必要がある地震です。個人の命を守るためにも、自己防衛に尽くしてください。最後に、皆様が一日でも早くまた笑えるようになることを願っています。

 

遅すぎる初記事

やあ。フォロワーが少なすぎる底辺ベリアル銀河帝国民のZmatarです。

いやぁ、ツイッターを始めてから早1ヶ月が経とうとしていますよ。(誰も見てないが)で、このクソブログを読んでいる人は「ゑ、ツイッター始めてまだ1ヶ月しか経ってないなら、ブログ始めるの早いほうじゃんとか思う方もいるでしょうが、実は、このブログ自体はツイッター始めた当日に作っていたんですよ。して、今まで記事を書く気が出なかった。そういうことなのですよ。ですから、今回は遅すぎる初記事ネタとして、あのツイッターのステメよりも詳しい自己紹介を書いていこうと思います。暇な人だけ読んでください。

 

目次

概要的なもの

名前 Zmatar(本名 雷帝 ナオキ)(日本での活動名は秘密)

誕生日 5月20日

住んでるところ 宮城県仙南 ベリアル銀河帝国東北大使館 or エスメラルダにあるハワイ的な島

本籍地 おうし座M45 昴

好きな食べ物 ペヤング カレー 玉ねぎ様

好きな曲 高見沢 俊彦 作詞・作曲「君だけを守りたい」

趣味等 折り紙 絵描き 特撮鑑賞 ベイブレード 料理

日本で好きな場所 自然豊かな場所全て

尊敬している人 ウルトラマンベリアル陛下

                          神谷哲史さん

                          金栗先生

                          クモコップ先輩 etc…

許せないこと 弱者を虐げいじめること

 

 

ゑ、もっと詳しく?

名前について

 まず名前について言うと、まず最初に言いますが、

スペルはあれであってますから!

はい。どういうことだよ。と思う方いますでしょう。なので順を追って詳しく話そうと思います。

 まず、読み方は「ゼットマター」です。勘のいい人なら、本来の英語のスペリングなら「matar」じゃなくて「matter」だろと思ったでしょう。それなのに何故前者のスペルにしているのかと言うと、実は私昔うごメモをやってたのですが、1番最初は「スピリッツ」と言う名前で活動をしていたのですよ。しかし、私 星のカービィ大好きなんですけど(Wii版以降やれてないが…)そのボスキャラの中にダークマターと言うキャラがいるですよ。それで当時の私、かっこいいなぁって思ったんですよ。(今も)それでその「ダークマター」にゼットを、変えずに付けて「DarkZmatar」と言う名前にして活動をし続けて、その後暫くしてDarkを無くして今の「Zmatar」と言う名前になりました。

 はい、つまりその…。当時のスペルミスの名残です。スペルミスをしたとこの名前にしてから数年がたった近頃ようやく完全に理解して、でもこの名前でずっと活動をしてきたので変えずにこのままの名前でツイッターやブログをすることにしました。ですから、「スペルミスかな」と思ってもいちいち指摘しなくてもいいです!自分でもう分かってます!

 

ペヤングの魅力

 次に、私の好きな食べ物であるペヤングについて語りたいと思います。

まずペヤングは、祭りの屋台やBBQを思い出すようなシンプルな美味さがいつでも簡単に食べられると言うメリットがあります。全ての焼きそばの基本要素がすべて揃ったあのシンプルなコクと旨味には、普通の人には理解が追いつかない深みが見えます。ペヤング嫌い=焼きそば嫌いってくらい焼きそばの王道を往ってるってそれ一番言われてるから。

次にペヤングのラインナップは非常に充実している!実にいい!特に個人的にベーシックな奴いがであれば「ペヤングハーフハーフ W激辛」が1番美味いと思っています。激辛好きでもある私としては、辛さと、その中にある絶妙な旨味がそれぞれ分かれているのよりも味わえるのでオススメしたいです。辛いものが苦手なかたはマヨネーズがとろけたチーズなんかをかけて食べるとマイルドな味わいと辛さが相性が良くて美味しいですので実践してみてください。(購入ページ

他にも色々あるのですが、負荷が増して来たのであとは実際に食べてもらって実感してください。あとは玉ねぎ様については神々し過ぎりるので別記事で書きたいと思います!

 

許せないこと、それはいじめ

 もうこれだけは一言言いますと、いじめはどんな理由があろうと俺は許さない。

はい。(深呼吸)まず実は私、元いじめられっ子です。いじめの具体的内容は、簡単に言うと嫌がらせ(道を邪魔される、からかい等)暴力行為、貶しとかですね。それでそいつ実は1人なんですけどホント許せなくって、他のそいつと仲良い友達全員なんですけどそんな人間のクズと付き合ってんのと言いたいくらいでしたよ。(実際そいつ頭馬鹿の脳筋野郎なんですど)それ以降というかいじられる前から人をいじめることはどれだけ愚かなことかと思ってまして、それでこの考えがあるわけですよ。はい。

なんで、まずいじめ問題は早急に0にしなければならないのです!最近だと、教師がいじめの実態を隠して昇格を狙ってると言った問題がありますが、そういうのはダメで、自分たち以上に教師は児童生徒のことを大切にすべきなのですよ。そんな下らないことをしている内にいじめ問題はますます酷くなるばかりです。次に、1度いじめ問題で親呼び出しレベルになって区切りを付けたあとや、教師やカウンセラー等に何度訴えてもダメな場合、迷わずに被害者や目撃者はサツに通報すべきです。何故かと言うと本来いじめは「いじめ防止対策推進法」があるように、立派な反社会的行為、いわゆる犯罪なんですよ。だからこそ、いじめ加害者は然るべき罰を受けるべきなのですよ。ですから、いじめ解決が学校レベルに収まらない場合、サツを読んで連行させるが1番と言えます。あとはネット晒し上げでも良いですよ。ネットでの誹謗中傷や個人情報流出などで復讐してやりましょう。私私刑大賛成なので。(いじめを受けた影響か超後ろめたくなってんなこいつ)

 

終わりに

まぁこんな感じの男ですよ、はい。ゑ?「最後のいじめ問題のとこ、お前の尊敬している方がしているぞ」って? いやぁベリアル陛下は別ですよ。あのお方は、相手が仲間になりさえすればあとは何も危害を加えませんし。(その代わり、国のために働くことにはなる)兎に角、こんな私のブログが良かったら星でも付けてとっととアドラー心理学の本でも読んだ方がいいと思います。それではまた次の記事で!              バイチャ☆